【実際どうなの?買うべき?】XiaomiMi Airdots Air 2 SE ワイヤレスイヤホン レビュー 買って大丈夫なの?

【実際どうなの?買うべき?】XiaomiMi Airdots Air 2 SE ワイヤレスイヤホン レビュー 買って大丈夫なの?

2021年8月18日
REVIEW

こんにちは、Hikidashi久保です。

今日も記事を読んでくださりありがとうございます。

今回はXiaomiMi という中華メーカーのワイヤレスイヤホン「Airdots Air 2 SE」について
安価なワイヤレスイヤホンということは知ってるけど、

実際のところどうなの?やっぱり安いのにはわけがあるの?
音質は?見た目は?


細々した点について疑問になってらっしゃる方も多いと思うので、実際買って使ってみて
どうだったのかについて書いていきますのでぜひ最後までご覧ください!

Gshopper provides オリジナルのXiaomiMi Airdots Air 2 SE TWSBluetoothイヤホンワイヤレスヘッドフォンデュア…
bit.ly

今ならこのgshopperで一番安く買えるみたいですね!
(2021.8.20現在)

スペックと同梱内容

これはGshopperと呼ばれる安く購入できるサイトに記載されている内容です。

ちなみにSEというタイプなので、Amazonで記載タイミングタイムセールされている商品とは若干異なるようです。

Gshopper記載そのままコピペ
①干渉を恐れずにノイズを低減する20時間耐久性デュアルマイク
②ボックスとポップアップウィンドウを開くと、スマート接続で表示できます
③スマートで真のワイヤレス、無料で無料
④大型ムービングコイルユニット、豊かで自然なヒアリング
⑤バイノーラル送信、ゲームオーディオ、ビデオの同時送信がより楽しくなります

少し文章がスムーズではない部分がありますが、よしとしてあげてください…


記載スペック
製品モデル:TWSEJ04WM
抵抗:32Ω
充電ポート:USB Type-C
入力:5V / 1A
ワイヤレス接続:Bluetooth 5.0
充電時間:約1.5時間
正味重量:48g
サポートコーデック:SBC / AAC
単一バッテリー寿命:約5時間
充電ケースを使用した場合の全体的なバッテリー寿命:20時間
Bluetoothプロトコル:BLE / HSP / HFP / A2DP / AVRCP
作動距離:10 m(バリアフリーでオープンな環境)
同梱内容
ペアイヤホン
バッテリーコンパートメント(充電ケース)
Type-C充電ケーブル
ユーザーマニュアル

使ってみての感想<メリット編>

第一に言えるのはコスパの高さかなと思います。
音質は特別いいというわけではありませんが、全くもって悪いというわけではありません。

音質にすごくこだわりをもっているわけではなく

日常的に音楽を聞きたい
リモートミーティングで使いたい


という方には打って付けのコスパの高いガジェットになるかなと感じています。

耳に入っていく形は、かなりApple製品のAir podsと似ていると思います。

また耳に挿すので感じにくい部分ではあるのですが、若干軽いかなと感じます。
(数グラム程度の話になるので、ふぅーん程度でみておいてください)

使ってみての感想<デメリット編>

デメリット面として感じたことは「ペアリング」です。

内容としては二つで「スピード」「同時登録」についてです。

まず一つ目のスピードについては、ムラがありますが、待てばちゃんとペアリングできます。
数回試してみましたが、10−30秒の間で認識するような感じでした。

これはペアリング完了したあとの画面


iphone12proを使用していますが、Air podsのようなポップアップ画面は表示されませんでした。

ただ蓋を開ければ、ボタンを押したりしなくてもペアリングが始まるので、便利は便利かなと思いました。

二つ目の「同時登録」についてです。
要はスマホ、タブレット、PC様々なデバイスで使いたいという場合に、この商品は一つのデバイスで登録すると、他のデバイスでは認識しなくなります

Air Podsなどであれば、当然同時接続はできませんが、登録だけはできていて、それぞれのデバイスで使いたい時は、接続するだけでOKなので、デバイスの使い分けが便利だったりします。

そのためある一つのデバイスで使用していた後、違うデバイスで使用したい場合は、一度登録解除して、ペアリングしなおすということが必要となります。

僕は一つのイヤホンでデバイスを渡り歩くような使い方をすることが多いので、そういった使い方には対応しづらい商品にはなるかなと感じました。
(ただそんな使い方する人って稀な気もします…)

使ってみての感想<その他編>

そのほかの感想としては、基本的に抜かりなく網羅されているというような印象でした。

①ちゃんとバッテリー残量見えます

②音量バランスを整えてくれるらしい
 (というから音量測定が正確になるとか)

このイヤホンをちゃんとヘッドフォンとして登録するとできるみたいですね

③使用時間も十分

あとはそもそものスペックのところでの売りですが、イヤホン単独では5時間使えるし、充電器を使いながらであれば20時間使えるってことで、十分ですね!

大阪から東京に向かって新幹線で出張とかするときにも十分に使える時間でしょう!

④Air podsより大きいけど、うどん感がすくない

ビジュアル的な話ですが、Air podsが丸い棒のようなものが伸びているのに対して、どちらかというと平たい棒が伸びているため、少し大きいんですが、うどん感が少ないように思います。

変な写真ですみません

⑤マイクとしても機能する

ちゃんとワイヤレスマイクとしても機能するので、このまま電話できたり、リモート会議で喋ったりできます。
そもそもBluetoothで繋げられることが前提にはなりますが…

まとめ

ということで今回はXiaomiMi Airdots Air 2 SEというワイヤレスイヤホンを使ってみての感想を記事にさせていただきました。

いかがだったでしょうか??

個人的にはいろいろこだわりが強いわけでない方は買いの1品かと思います。

合格点には十分いるように思います。

僕自身はApple製品を持っていることもあり、ノイズキャンセリング機能が欲しいという面から、Air pods proを使い続けると思いますが、ワイヤレスイヤホンを使いたい、試してみたいと考えておられる方にはオススメできると思います。

右をタップすると再生・停止、左をタップするとSiriが起動

という機能もちゃんとついてるから、全然使えると思います。

ちなみにGshopperで僕は買いましたが、少しばかり届くのが遅かったです…

いろんなところを経由するので、時間がかかったという感じで、ちゃんと届きましたし、梱包状態も特別悪いというものでもなかったので、安心してご購入を検討いただければいいんじゃないかなと思います。

Xiaomi、シャオミというブランドは結構大きなブランドみたいなので、大小で考えるものでもありませんが、そういう意味でもまぁ安心して買って問題ないんじゃないかなと思います。

ただし最後は自己責任にてお願いします…こればっかりはね…音質伝えられないし…

ということで最後まで読んでいただきありがとうございます。

TwitterLINE@Instagramもやっておりますので、ぜひフォローのほどよろしくお願いします!
RYOTIN Filmsで検索してみてください!!

いろいろコメントもいただけると嬉しいです
Hikidashiをみんなで一緒に作っていきましょう!


では、バイバイ!!!

FOLLOW ME!!